妊娠したい方への情報です|最後の切り札|最新の体外受精で我が子が宿る

最後の切り札|最新の体外受精で我が子が宿る

看護師

妊娠したい方への情報です

女性と赤ちゃん

早期受診が大切です

子どもが欲しくても恵まれないケースがあります。結婚年齢の上昇がその一因と言われています。一般的に35歳以上になると高齢出産と言われています。20代のころと比べると卵子の質や卵巣の機能が低下します。もちろん女性だけの問題ではなく、精子の質も低下します。その為、着床率や受精率が下がるのです。子どもを望むのなら少しでも若いうちに医療の手を借りてください。具体的には、二人で検査を受けることをお勧めします。原因がはっきりすれば対策ができます。大阪など大きな都市には評判のよいクリニックがいくつもあります。原因が見つからないケースも少なくありません。もし、月に3回程度性交渉があっても2年間妊娠できなければ、治療を行うことをお勧めします。不妊治療は段階を踏んで行うので心配ありません。

不妊治療のステップです

タイミング法、体外受精、顕微授精の三段階があります。これは大阪以外の地域でも同じです。タイミング法は排卵日に合わせて性交を行う方法です。医師が妊娠しやすい日を指導してくれます。体外受精は体外に取り出した卵子に直接精子をふりかけ、体内に戻す方法です。顕微授精は体外の卵子に運動性の良い精子を人工的に受精させまます。体外受精と顕微授精は男性不妊や女性に抗精子抗体がある場合でも有効な手段です。保険が適用されない治療のため費用がかかります。体外受精、顕微授精には市町村単位で助成金が出る場合があります。大阪市も行っています。ただし、大阪市の場合、助成金を受けるにあたり所得制限があるので自分が該当するのか確認してください。